お金を借りるさいの年齢制限は?

お金を借りるさいの年齢制限は?

お金を借りるさいの年齢制限は?

お金を借りる方法としては、銀行や信用金庫などの金融機関が提供している個人向けのローン商品や、消費者金融やクレジットカードなどのキャッシングサービスなどがありますが、いずれも借り入れのさいには返済能力に関して審査を受け、その審査に通る必要があります。
このお金を借りる審査を受ける絶対的な条件のひとつに年齢による制限があります。年齢制限は多くは20歳以上で、65歳または70歳以下というものが設けられています。このうち20歳以下、つまり未成年が利用できない理由としては民法が大きく影響しています。民法では未成年に対する契約は、保護者の同意が必要であり、保護者の同意なく結ばれた契約は保護者がその契約を破棄することができるためです。このため、金融機関やクレジットカード会社や大手消費者金融では未成年がお金を借りるサービスは受けられないようになっています。
一方で、上限の年齢に関しては、業界規制またはその会社の社内基準で定められています。お金を借りる以上は、そのお金を返済しなければなりませんが、そのためには現役で働けるということが条件になります。その上限の目安として定年退職年齢である65歳を上限年齢と定めているところが多くあります。もちろん、再雇用や再就職で働き続ける人は多くいますが、それまでの収入より減るのが普通であり、また70歳を超えると年齢的に病気にもなりやすく平均寿命に近づくため返済が不能になるおそれがあり、この上限の年齢制限を設けています。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • オリックス銀行カードローンで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む

失敗しない!カードローン選びレッスン

申し込みに必要な情報を知りたい!

カードローン、キャッシングとは?


店頭だけじゃない!いろんな「申込方法」


返済方法選びで損しないために


メリットいろいろ♪少額借入で上手に借りる!


誰にもバレずに借りる方法ってある?


銀行vs消費者金融!おすすめはどっち?

リアル体験談!実際はどうやって借りたらいい?

カードローンで借りてみた実際にカードローンで借りてみた!

レイクやみずほ銀行など、口コミでも評判のいいカードローンを実際に利用してきました♪申込みや審査、融資から返済に至るまでの全工程をレポートします!